2018年12月27日木曜日

防炎作業着のJIS規格が制定されました!

溶接時に発生する火花や炎を取り扱うお仕事には必ず必要になる防炎服。



火を防ぐといっても火の強さはいろいろあります。
①サンダーで金属を切断する際に出てくる火花
②アーク溶接などで発生する火花
③鋳造業での解けた金属
④火災の現場で発生する炎

大まかではありますが、①が弱く④になるにつれ強くなっていくイメージで見てください。
調理の際に扱う炎などは省いてます。


このうち、弊社で対応できるのは①~③です。
① → 生地構成が綿100%でできている作業着で十分対応可です。
     特殊な防炎加工を施される(ブレバノ加工)作業着は不要です。


〇ここからが本題のJIS規格です。
JIS規格、JIST8128JIST81292018425日に発行されました。
ISO(国際規格)として、ISO116112007年にISO116121998年に、作業者の身体防護を目的に発行されていたが、JISでは未整備であったために、今回対応国際規格と整合性を考慮したJISが発行されたものです。

② → ・JIST81292018ISO116122015を元に作成され、製鉄所、鉄工所などの作業者の身体を、熱及び火炎から防護する目的です。(熱源は火炎・放射熱・対流熱・接触熱など)
耐熱耐炎防護服

③ → ・JIST81282018ISO116112015を元に作成され、溶接及び関連作業者の身体を、スパッタ(溶融金属の小飛まつ)、火炎との短時間ばく露、溶接用電気アークからの防護を目的としている規格です。
溶接溶断防護服

②と③のJIS規格を取得した作業着が旭蝶繊維社の
350シリーズです。

綿100%の生地に難燃加工を施しており、鋳造業・溶接業にオススメです!
詳しくは下記URLで紹介しておりますのでご参考ください。

難燃作業着 業界初のJIS規格対応!

http://www.anken.co.jp/uniform_working/1694_detail.html



一番気になるところは
「すでに存在している難燃作業着とどの程度スペックが違うのか」
という点だと思います。

実はスペックとしてはそこまで変わりはありません。(もちろん通常の綿100%だけの作業着よりはずっと防炎性能は優れています)

JIS規格の審査を通しているかの違いになります。

詳しくはこちらまでご連絡ください。
info@anken.co.jp


     

0 件のコメント:

コメントを投稿