スキップしてメイン コンテンツに移動

防炎作業着のJIS規格が制定されました!

溶接時に発生する火花や炎を取り扱うお仕事には必ず必要になる防炎服。



火を防ぐといっても火の強さはいろいろあります。
①サンダーで金属を切断する際に出てくる火花
②アーク溶接などで発生する火花
③鋳造業での解けた金属
④火災の現場で発生する炎

大まかではありますが、①が弱く④になるにつれ強くなっていくイメージで見てください。
調理の際に扱う炎などは省いてます。


このうち、弊社で対応できるのは①~③です。
① → 生地構成が綿100%でできている作業着で十分対応可です。
     特殊な防炎加工を施される(ブレバノ加工)作業着は不要です。


〇ここからが本題のJIS規格です。
JIS規格、JIST8128JIST81292018425日に発行されました。
ISO(国際規格)として、ISO116112007年にISO116121998年に、作業者の身体防護を目的に発行されていたが、JISでは未整備であったために、今回対応国際規格と整合性を考慮したJISが発行されたものです。

② → ・JIST81292018ISO116122015を元に作成され、製鉄所、鉄工所などの作業者の身体を、熱及び火炎から防護する目的です。(熱源は火炎・放射熱・対流熱・接触熱など)
耐熱耐炎防護服

③ → ・JIST81282018ISO116112015を元に作成され、溶接及び関連作業者の身体を、スパッタ(溶融金属の小飛まつ)、火炎との短時間ばく露、溶接用電気アークからの防護を目的としている規格です。
溶接溶断防護服

②と③のJIS規格を取得した作業着が旭蝶繊維社の
350シリーズです。

綿100%の生地に難燃加工を施しており、鋳造業・溶接業にオススメです!
詳しくは下記URLで紹介しておりますのでご参考ください。

難燃作業着 業界初のJIS規格対応!

難燃作業着350シリーズ



一番気になるところは
「すでに存在している難燃作業着とどの程度スペックが違うのか」
という点だと思います。

実はスペックとしてはそこまで変わりはありません。(もちろん通常の綿100%だけの作業着よりはずっと防炎性能は優れています)

JIS規格の審査を通しているかの違いになります。

詳しくはこちらまでご連絡ください。
info@anken.co.jp


     

コメント

このブログの人気の投稿

TBSのドラマ「ホテルコンシェルジュ」の制服が人気です♪

TBSのドラマ「ホテルコンシェルジュ」で西内まりやさんが着用している制服が人気です♪





#EAJ513-10:ノーカラージャケット(ブラック)
ポリエステル100%
右襟のスカーフループで華やかな着こなし♪
メーカー希望価格24,000円(税別)

#EAS515-10:マーメイドラインスカート(ブラック)
ポリエステル100%
メーカー希望価格12,000円(税別)

#EWT535-5:七分袖プルオーバー(シルバー)
ポリエステル100%
吸汗速乾・透け防止
メーカー希望価格7,500円(税別)

スカーフをジャケットにつける新発想のスカーフループで華やかな着こなしが手軽に楽しめます♪



人気商品の為ノーカラージャケットが2015年9月中旬上がりまで在庫がない模様です。
その次の上がり予定は2015年12月上旬予定になっていますのでお早めの購入がお勧めです。


2015年9月24日追記
#EAJ513-10:ノーカラージャケット
5号20枚程*7号30枚程*9号60枚程在庫がございます。

2015年11月27日追記
 #EAJ513-10:ノーカラージャケット
在庫ございます♪

ISO20471高視認安全作業着について

2013年3月に高視認安全作業着のISO20471の要求事項が発行され、日本でも高視認安全作業着の規格ができたことになり、ますます高視認安全作業着の注目度が高まっていると思われます。

2014年作業着の春夏の新作展示会でも高視認安全作業着がズラリ♪♪


ISO20471で認定されて良かった点
1)上下の組み合わせでCLASSアップ可能!
EN471ではツナギ服でしかクリアしそうになかったCLASS1がブルゾン+パンツで可能になったので、作業着の選択肢がグッと増えました。

2)ポロシャツでも高視認安全作業着が認定されるようになった!
暑い夏の作業時に、安全ベストを着用しなくても視認性がUPして更に動きやすいポロシャツがISO20471と認定されるようになりました。
海外の写真を見ていると素肌に安全ベストを着てたりしていたのですが(笑)、日本ではなかなかと思っていたので半袖ポロシャツの高視認安全対応はいいことだと思います。


ISO20471で認定されて良くなかった点
1)認定される為の検査項目が多すぎて検査費用がかかりすぎる!
なかには日本に1台しかない機械でしかできない項目もあるらしいです。
目的と基準の一致がなかなか難しいのでしょう…

2)基準サイズが対象デザインの最小サイズになってしまった…
世界基準の為、アジア圏の人の最小サイズだと規格に通らない商品がでてくと思われます。
その為、Sサイズをサイズ展開しない可能性があり男女共用ではラインナップが揃わない可能性がでてきてしまいました…


良い点、良くない点がありますが、良くない点は今後規格をJISでも考えていくとのことなので解消されると思います。

作業者の安全を確保するための高視認性安全作業着なので、路上等移動する車両の近くでの夜間作業があるようでしたら、積極的に着用していただきたいと思います。

また、安研のHP上の「夜間作業は安全第一の作業服で!」 も是非ご覧ください♪♪
2014年春夏の新作も掲載していく予定です!

過去の高視認安全作業着のブログはこちら↓

2013年2月18日:高視認性安全作業服について

2009年11月19日:EN471対応の作業服


2014年6月12日追記

JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 小栗 七生)がISO20471規格に準拠した制服にデザイン変更したみたいです。詳しくはこちら→

夏真っ盛り!

暑い毎日が続いていますが、みなさん体調を崩さないように気をつけて下さいね。おいしいを物たくさん食べてパワーを充電して、夏を乗り越えましょう!ところで、おいしい物と言えば安研の近くにあるラーメン屋の「味楽」ここはおいしいですよ~、ぜひ一度ご賞味下さい、ついでに安研にお立ち寄り頂ければ何よりです。